スクール参加者の声 その2 S・Kさん

Q1,過去の成功体験、自信になった経験(バイクのみではなく仕事やプライベート)

過去の成功体験によって作られた各々の成功に関する思考パターンを理解し、どのような表現や感覚を好むか理解するために必要です。

A,オフロード歴が浅いのに、CGCのヒルクライム大会やWEX、ローカルレースで入賞出来た事。

Q2,自分の失敗が多い出来事

失敗する際の心理を理解するために活用します。バイクは精神的な影響が大きく出るスポーツなので何回やってもうまく行かない時、悪循環を断ち切ることに繋げます。

A,行くのに 迷いがある時。また迷いではないが相手は上と、思ってしまい譲ってしまう事。(上には、上が居ると思ってしまう)

Q3,ライディングで苦手なこと

苦手なことはレースの場面では順位を落としてしまう瞬間です。より自身を理解し、レースメイクをする上でウィークポイントを探ることは重要。

A,コーナーリング(フラットや轍で掘れたコーナー、ヘアピンカーブ)結局全部か! 轍で掘れた、ツルツルな下り、爺ヶ岳のガレ。

Q4,ライディングで好きなこと

苦手なことに反して好きなことはレースにおいて他者に対してアドバンテージを築ける瞬間です。強みを限りなく伸ばすことで短所を補うことが可能です。

A,ヒルクライム、ガレ場、丸太越え(人工的に設置された物では、ないもの)

Q5,できるようになりたいテクニックや理想のライディング(具体的に)

イメージの有無はとても大切です。いつだってイメージを追いかけている瞬間がライダーを磨きあげます。理想を掲げてスクールに取り組みましょう。

A,モトクロスライダーの様なコーナリングとまでいかなくても、自分が思った様なターン弧で曲がれる様になりたい。

Q6,現在、バイクについて目標があれば教えてください

目的・目標のあるライダーほど上達が早いです。なぜなら、ゴールが明確ならば人は最短距離を歩むことが可能だからです。現在具体的なゴールが見出せないなら共に作り出していきましょう。

A,何時も リザルトがクラス4分の1なので、入賞出来るようになりたい、またコンプRやナショナルクラスに出れるようになりたいなぁ(^^;;

〜参加者のアセスメントを行なった上でのスクール内容〜

コーナリング上達に対する要望があります。レースにおけるコーナーの重要性は順位に直結してくるため上位に位置しますが基本中の基本であるからこそ差が生まれます。

自分の思ったようなコーナリングを行いたいという理想を自己採点70%達成できればレースでも結果が出るでしょう。

なぜなら、自分の思ったラインを走れることは疲労軽減・スピードアップ・精神的余裕を生み出すからです。

そのためには減速・旋回・加速の時に体がどこにあるといいのかを知ることから初めていきます。多くのライダーはなんとなく座っていますがどこに体を置くかだけで恐怖心やグリップ感が変化します。

基本なのですがなかなか知る機会がないので皆さん知らないことが非常に多いケースです。

トップライダーが「普通」に知っていること・行なっていることをまずはお伝えします。

申し込み
料金

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中